生き方

定年まで働く自信がない人がやるべき対策を紹介

疲れたサラリーマン

40代だと定年まで約20年。サラリーマン人生で言うとちょうど折り返しです。

まだあと20年もあるのかと思うと、この先働き続ける自信がないという人もいるでしょう。

わたしもその一人で、定年まで今の仕事を続ける自信と気力、希望を見出せなかったので脱サラして起業しました。

今では定年まで働くっていう概念はなくなり、何歳までにどうなりたいという自分なりの明確な目標ができました。

ここでは定年まで働く自信がない、働ける気がしない人へ自身の経験から解決のヒントを紹介します。

そもそも定年を決める理由とは?

そもそもですが、定年を60歳とか65歳とかって決める理由は何でしょうか?

  • だいたいこれくらいの年齢まで働けば、あとはゆっくりしたいから?
  • 年金がもらえるので働く必要がなくなるから?
  • 会社で決まっているから?
  • 高額な退職金がもらえて、それをもらえば生活していけるから?

現在の定年退職の年齢は60歳。

しかし、高年齢者雇用安定法というもので2025年4月からすべての企業に対して65歳定年制が義務になります。

60歳だった定年が65歳になり、今後さらに70歳まで延長される可能性もあるわけです。

なんというか、これってもう自分が働く年齢を誰かに決められてしまっているわけです。

定年が70歳までとなれば70まで働き、75歳に引き上げられれば75まで働くと。

サラリーマンであれば会社が決めた定年まで働き続けないといけませんが、フリーランスや起業をすればそこは自分でコントロールできます。

そもそもわたしが起業した理由の一つは、定年まで働きたくなかったから、自分で人生をコントロールしたかったからです。

とはいっても、みんなが起業したいとは思わないでしょうから、そういった人は定年まで働けない原因を明確にすることが重要だと思います。

定年まで働く自信がない理由とは?

では、あなたが定年まで働く自信がない理由は何ですか?

  • 仕事がつまらない
  • 仕事が辛い
  • 業務についていけない
  • 体力的にきつい

おそらくこういったことだと思います。

そもそも今の仕事が楽しくてやりがいがあれば、あと20年どうやって過ごそうかなんて考えません。

歳をとるごとに大変になる仕事、例えば、力仕事とか最新の技術を要する仕事とかだと、現状をあと何十年も維持、向上させていくことに難しさを感じるかもしれません。

ちなみに、私の場合ですが、20代の頃は体力仕事をしていましたが、腰を悪くして退職しました。

若い20代は良いけど、これが50代、60代になって同じことは無理だなと。

そして40代で起業したときは、仕事にやりがいがありませんでした。

毎朝会社に出勤して無難に仕事をこなして退社する。きつくはないけど、楽しくもない。

これをあと20年も繰り返すことに明るい未来を想像できなかったんですね。

定年まで働く自信がないなら行動するしかない

定年まで働く自信がない理由は人それぞれあると思います。

そしてそのことで悩んでいても、たぶん定年までその気持ちを抱えたまま働き続けることになるはず。

それを解消する方法は、働く自信がない原因を取り除くこと

これしかないです。

あとは定年まで働かなくても生活できるだけのお金を手に入れるか。

老後だけでも2,000万円必要と言われているのに、さらに定年までの生活費を入れたら相当な額です。

早期リタイアするには投資でもしない限り、普通の働き方では無理でしょう。

目標を持って生きてみよう

あなたが40代なら定年まで20年。

働き続ける自信がないなら、働きたいと思う仕事を見つけるか、働かなくても食べていける収入を得られるようになるかです。

いずれにせよ、悩みを抱えたままでは現状は変わらないので、自分がどうしたいのかを考えて行動するしかありません。

  • 転職する
  • 起業する
  • 副業を始める
  • 投資を始める

悩んで定年まで過ごすよりも、今日から行動を起こして自分が本当に求める未来を手に入れる努力をしたほうが未来は明るいです。

わたしは現在42歳。定年といわれる60歳、65歳どころか50歳までに労働しなくてもいいような仕組みや資産を持ちたいと考えています。

そのためには今何をすればいいか?それを日々考えて行動しています。

定年まで働く自信がない人は、改めて自分が将来どうしたいのか考えて、それを実現するために必要なことをコツコツとこなしていきましょう。

そしてその先の定年後。

自分の親やその上の世代では60歳で定年して、年金もらいながら余生をゆっくり過ごすみたいな時代でしたが、これからはそんな楽な生活が送れるような時代にはならないでしょう。

なので、定年までの時間をどう過ごすか、そして定年後のことまで考えたおいたほうが良さそうですね。

まぁ間違いないのは自分で収入を得られるようになることです。

副業なり収入の柱を増やすことも同時に進めておいたほうが安心ですよ。

ABOUT ME
しんちゃん
宮崎県で個人事業主をしている進藤と申します。このブログでは40歳で起業し、人生をリスタートさせた経験談を発信しています。フリーランスになりたい、脱サラして独立起業を考えている人の参考になれば幸いです。 気に入ったらTwitterのフォローよろしくお願いします。
40代で失敗しないための起業note

これから起業したいと思っている40代へ、自身の経験を綴ったnoteを公開しております。

わたしは30代後半から40代にさしかかり、これからの働き方に明るい未来を見出せずにいました。

それで転職ではなく脱サラして起業する道を選んだのですが、たくさんの疑問や悩みを相談できる人が周りにいませんでした。

もし身近に話を聞いてくれる経験者がいたらどんなに心強く、そして遠回りをせずに済んだのだろうと思います。

そこで同じような悩みを抱えている40代の人のため、起業のリスクを減らす、成功につなげるためのnoteを書きました。

詳細ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA