起業

個人事業主の休みの取り方と休みなしで働きづめを解消する方法

ビーチの写真

サラリーマンだと会社の就業規則で週休二日、お盆や年末年始など休みが決まっています。

しかし、個人事業主になると働く日、休む日は自分で決めることになります。

好きな時に休めている人にはメリットですが、休みなしで働きづめの状態になっている人にとってはデメリットになるでしょう。

ここでは個人事業主やフリーランスにあるあるの仕事とプライベートをしっかり分けて休みを取る方法と、休みなしで働きづめ状態から脱する方法を考えてみたいと思います。

休みが取れない個人事業主は何が原因で休めないのか?

知り合いの自営業者やYahoo知恵袋などをネットの声を見ていると、サラリーマンのように決まった休みが取れない、連休を取って旅行に行くなどできていない個人事業主、自営業の人が多いです。

ではその原因はなんなのか?

休むと売り上げが減ってしまう

休めない原因の一つは売り上げです。

サラリーマンであれば会社の規定で休みが決まっているし、休んでも給料は変わらないため気にすることはありません。

しかし、個人事業主は自分が働いた分がそのまま収入になるため、休むと収入が減ってしまいます

例えば、美容師や清掃業、ライターなど自分が働いた時間が収入になるような職業がそうですね。

Webデザイナーやプログラマーなど納期があって、案件単位で収入になるような職種だとあまり影響を受けないと思います。

納期が1か月の仕事の場合、10日で終わらせようが、30日かかろうが収入は変わりませんので。

直接お客さん相手の商売・取引際が営業しているので休めない

  • フリーランスとして企業と契約している
  • クライアントワークメインで取引先が営業している
  • お店をしている人

など、相手に合わせる必要がある仕事の場合は自由に休めません。

お客さんを無視してビジネスはできませんので、勝手に休んで迷惑はかけれないですよね。

個人事業主がしっかりと休みを取る方法

では、個人事業主やメリハリをつけて休みを取るには、また働きづめになることを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

休んでも生活できるくらいの売り上げを上げる

休んでも問題ないくらいの売り上げが上がれば解決しますよね。

これができれば苦労しませんが。。。

事業が軌道に乗るまでは休まず頑張り、軌道に乗ってきたらしっかり休むようなメリハリは持ちたいですね。

仕事の単価を上げる

仕事の単価を上げていくこともおすすめです。

例えば、1回5万円の仕事を月6回やったら月収30万円です。

これを10万にできたら月3回で済みます。

仕事にかける時間を同じにできれば単純に作業時間は半分になりますよね。

そうすれば、しっかりと休みを取ることができるようになります。

お客さんや取引先に早めに連絡を入れておく

取引先(お客さん)との関係で休めないという人は、早めに告知して先に休みの予定を入れておくと良いでしょう。

「〇月〇日はお休みをいただきます」とか、「〇月〇日~〇月〇日までお店を休みます」と事前に告知して、この日は休むと決めておくのです。

やっぱり家族と旅行に行ったり、リフレッシュしたりする時間は大切です。

メリハリをつけて休む時は休むという切り替えは大事かなと。

自分が稼働しなくても収入が入る仕組みを作る

わたしが一番理想だと思うのが、自分が稼働しなくても収入が入ってくる仕組みづくりです。

個人事業主は基本一人なので、自分が休むと収入にならないというデメリットがあります。

だから、そこを解消するために仕組みづくりが大切。

  • 仕事を外注する
  • サブスクモデルを取り入れる
  • ブログや家賃収入など他の収入の柱を作る

いろいろ取り組めることはあると思います。

人を雇う

外注と似ていますが、人を雇うくらいの売り上げがあるのであれば人員を増やすのもありです。

人を育てるまでに時間や労力はかかりますが、自分が出社しなくても任せられるようになればいいですよね。

焦らずリフレッシュして働き方を見直す

売り上げがなくて休んでられないって状況にある場合も、一旦リフレッシュして働き方を見直す時間を作ったほうが良いと思います。

その状態が一時的ならいいですが、ずっと続いているなら働き方を変えていかないとこの先もそのままかもしれません。

どこかに出かけたり、リフレッシュすると決めてしっかりと休む勇気も必要です。

仕事とプライベートのメリハリをつけないと独立した意味がない

わたしが脱サラして起業した理由の一つが、会社に時間を拘束されたくない、自由に働きたいというものでした。

なので、わたしは毎週土日は必ず休みを取っていますし、子どもの予定に合わせて休みを取ったり、連休を取ったりもしています。

仕事は楽しいですが、やはりプライベートとの区別はしっかりつけてメリハリをつけないと疲れます。

個人事業主の時間を自由に使えるというメリットを活かさないなんて、独立した意味が半減しちゃいます。

だから、せっかく個人事業主になったけど休めていないという人は、

  • 仕事の単価を上げて売り上げをキープしつつ作業時間を減らす
  • メリハリをつけて休むと決める
  • 自分が稼働しなくても収入が入る仕組みを作る
  • 人を雇う

こういった働き方にシフトしていったほうが良いと思います。

わたしも上記を目標に日々考え行動しています。

お互いしっかり休めてしっかり稼げる個人事業主になれるよう頑張りましょう。

ABOUT ME
タシテク
宮崎県で個人事業主をしているタシテクと申します。このブログでは40歳で起業し、人生をリスタートさせた経験談を発信しています。フリーランスになりたい、脱サラして独立起業を考えている人の参考になれば幸いです。 気に入ったらTwitterのフォローよろしくお願いします。
自分で稼ぐ・ひとり起業したい人を応援する個別相談

起業したいけど何をしていいか分からない

自由な働き方ができるフリーランスに憧れている

このような方の相談に乗ります。

わたしは30代後半から40代に差し掛かり、これからの働き方に明るい未来を見出せずにいました。

それで転職ではなく脱サラして起業する道を選んだのですが、たくさんの疑問や悩みを相談できる人が周りにいませんでした。

もし身近に話を聞いてくれる経験者がいたらどんなに心強く、そして遠回りをせずに済んだのだろうと思います。

そこで同じような悩みを抱えている人のため、自分の経験を活かせるサービスを始めました。

詳細ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA